【お知らせ】ヒダマミー全面リニューアルしました

★レシピあり★《参加レポート》大澤さゆりさんと作る、あぶらえバレンタインスイーツ教室♪

健康に良いことで最近は全国的に注目を集めている”えごま”ですが、
飛騨では【あぶらえ】と呼ばれ、昔から親しまれていますね。

私も飛騨に嫁いでからそんな【あぶらえ】のトリコとなっています 笑

“あぶらえダレ”のお餅や五平餅、おはぎ・・・

全部美味しすぎる😋
(写真は下三之町の『福太郎さん』の五平餅♡)

でも食べ方としてはそんな『餅系』しか知らなかった私。

Hidamommyのバレンタインスイーツ教室の募集 を見て、
「へ?あぶらえがスイーツになっちゃうの?!」とびっくり!!

しかも講師は私も大ファンの料理研究家【大澤さゆり】さん♡

これは、行くっきゃない!


教室当日


小さいお子さんを連れた可愛いママさんがたくさん集まっていました♡

わらべ歌の会さんの託児もあったので、
ママたちはスイーツ作りに専念することが出来て
リフレッシュにもなったのではないでしょうか?


講師の【大澤さゆり】さんのあいさつ


「今日はあぶらえの美味しさを伝えたいです」

そしてメニュー発表😄

◉あぶらえクランチチョコ
◉あぶらえとレモンのケーキ

大澤さんはお肉や乳製品や卵など、動物性製品を使わない
『ヴィーガンレシピ』を中心に活動されています。

こちらの2品もヴィーガンメニュー。

卵や乳製品のアレルギーをお持ちのお子さんも安心して食べられます!


今回は、【あぶらえばたけ】代表・たぐちよしひろさんとのコラボ企画!


飛騨の貴重な食文化である「あぶらえ(飛騨えごま)」の
復興・継承活動をされています。

月刊BLESSにて連載中の「あぶらえレシピ」をプロデュース。

今年秋には「あぶらえレシピ本」を出版予定で、
出版に向けたクラウドファンディングを実施中!

支援者には完成本や自家製「あぶらえの実」などの
嬉しい返礼品の特典もあるそうなのでぜひチェックしてみてください^^
↓ ↓ ↓
https://faavo.jp/hidatakayama/project/4210


クッキンスタート!


◉あぶらえクランチチョコ

参加者の皆さんで作りました!
簡単な作業ばかりで、小さなお子さんも楽しく作れます♪

許可をもらって、レシピ掲載させて頂いたので
ぜひ作ってみてください^^
↓ ↓ ↓ ↓


【材料】

 クーベルチュールチョコレート       130g
 コーンフレーク(プレーンで甘くないもの)  100g
 ☆あぶらえ☆               60g
 塩                    2つまみ
 あぶらえ油(えごま油)          8g ※無しでも可

[トッピング用]あぶらえ         適宜


【作り方】

①コーンフレークを袋に入れて細かく砕く。

お子さんも楽しめる作業です^^

ある程度の大きさを残し、粉砕しすぎないのがコツ。
このくらい ↓

②クーベルチュールチョコレートを湯煎にかけて溶かす。

お湯がチョコレートに入らないよう、時々優しく混ぜる程度に。

また、お湯がグツグツ沸騰しないよう気をつけながら、
チョコレートの形が完全に無くなるまで溶かします。

③②に全ての材料を加え、しっかりと混ぜ合わせる。

あぶらえは炒ったり、擦ったりする必要はありません。
そのまま入れるので、めちゃくちゃラクです!!

あぶらえ油はより栄養価を多く摂れるようレシピに
加えたそうですが、もし無ければ入れなくても大丈夫だそう。

----------------------------
📝[あぶらえ栄養メモ]

あぶらえはα-リノレン酸(オメガ3)が多く含まれ、
体内でEPAやDHAに代謝されます。

血液をサラサラに保つ効果が期待されたり、
アレルギー疾患の予防や軽減効果があると言われています。
(花粉にも)

また腸が活性化され、便秘解消にも役立つそう。
----------------------------

④大さじスプーンにあぶらえ油(分量外)を薄く塗り、
③をスプーン1杯分取ってバッドなどに並べる。

とり方がゆるいと崩れてしまうので、
ボウルの壁などを使ってしっかりギュッと取ります。

この時使うスプーンは平たいものではなく、
半球状の深さのあるものを使うと可愛く仕上がります。

⑤成形した④の上にあぶらえをトッピングする。

たくさんお手伝いしてくれたSちゃん、どうもありがとう♪

⑥⑤を冷蔵庫で冷やし固めたら完成☆

わわ♡

作り方は超簡単なのに、
某有名テーマパークのお土産みたいな可愛さ(*^▽^*)

ラッピングをしたら、本当にそのままバレンタインのプレゼントに♪


◉あぶらえとレモンのケーキ

ただいまが旬のマイヤーレモンをたっぷり使用。

このレシピもあぶらをそのままザザーっと使うので手間いらず!!

こちらは大澤さんが作るところ見ながら説明を聞く、
デモンストレーション形式で行われました。

作り方のコツはもちろん、ヴィーガンレシピで一般的なお菓子とは材料が色々違いますが、
なぜその材料を入れるのかわかりやすく説明頂けました。

材料の選び方や、食生活におけるヒントも^^

真剣にメモを取りまくる参加者の皆さん。

深い話ですが、「気負わずやってみよう♪」
と背中を押してくれる大澤さん😍

大澤さんの魅力あふれる料理教室はぜひ行ってみて欲しいです!
https://fresh-lab.jp/


お待ちかねの試食タイム~♪


クランチチョコはザクザクした食感と、
あぶらえの香ばしさが良いアクセントになっていました。

ケーキは『あぶらえ×さっぱりしたレモン』の風味が本当に良く合いました!

託児の子どもたちもママの元に戻り、親子で美味しくいただきました♪

体に優しい材料ばかりなので、ママも安心♡

あぶらえがこんなに素敵で美味しいスイーツになるなんて!

健康にも良くて、美味しいなんて、ぜひ積極的に取り入れたい食材です。

今まであまり使い方がわかりませんでしたが、レシピ本には期待大✨

飛騨から始まって、全国にあぶらえクッキングが広まったら素敵ですね^^

一緒にご参加頂いた皆さま、ありがとうございました!!


おふたりのコラボ最高でした


「あぶらえレシピ本」には大澤さんの、今回のものとはまた違うレシピが掲載されるそう。

他の素敵な料理人の方々のレシピも♪

出版が待ち遠しいです^^


楽しく作って、美味しく食べて。
飛騨の大切な食文化・あぶらえ。みんなで盛り上げていきましょー!!
出版に向けたクラウドファンディングはこちら↓↓
↓ ↓ ↓
https://faavo.jp/hidatakayama/project/4210

ABOUT US

アバター
北海道函館市出身。高山在住15年目。 各地を転々と生きる人生でしたが、ようやく高山に落ち着きました。 食べるの大好き!流行りは試してみたくなるミーハー主婦。 児童センターの母親クラブなど、楽しい子育て活動は積極的に参加してきました。 今年は息子は小学校、娘も幼稚園に入って一段落。 幅広く『たて・よこ』に視野を広げていけたら♪と思います。