暑い昼間と、

ひんやり涼しい夜の寒暖差で

ますますカラダが重だるい

そんな風に感じられる方も

多いのではないでしょうか?

 

暑い夏の間に冷たいものを

食べたり飲んだりすることが

多かったなぁと思う方は要注意です!!

 

胃腸が冷えることで、

知らず知らずのうちに

下半身にたまってしまった『むくみ』

気温が下がってくると

この『むくみ』

つまり下半身に溜まった『水』

どんどん、どんどん冷えていきます

そして『水』は、水温4度が1番重く感じる

と言われているのをご存知でしょうか?

 

だから余計に

気温が下がってくる夏の終わりから

秋の始まりに

 

下半身に溜まった『水』が冷やされて

脚の重だるさを感じることが増えてくるのです。

 

そこで今日は、

秋の夜長に、夏むくみを解消する

夫婦でできるケア法をご紹介しますね!

 

ぜひご夫婦で時間をつくって

行ってみてください♡

ケアのポイントは3つ!

 


1.「手」を柔らかく暖かく


 


2.密着!!!


 


3.ずーーーんと身をまかせる


 

 

コツは、ひじが曲がらないように

腕を保つこと。

 

そして、

 

力まず、チカラを入れず、ただもたれかかるように「手」を押し滑らしていくだけです!

 

呼吸をふーーーっと吐きながら

カラダのチカラを抜いて

 

ふくらはぎに溜まった『水』

グイーーーーーッと

しぼりあげるようなイメージでやってみて下さいね。

 

お手持ちのハンドクリームや

お顔のお手入れ用のクリームでも大丈夫です。

 

手がベタベタするのが苦手という方は、

こんな風にふくらはぎを横から

大〜きくがば〜っとにぎってもらうのも

良いですよ

 


たまにはゆっくり♡


 

日頃のお互いの頑張りを

共にねぎらって

 

仕事のこと

家庭のこと

子供の成長のこと

 

そして

これからのことなど

 

ゆっくり語り合いながら

秋の夜長を夫婦で過ごすのも

たまには良いものですよ♡