【お知らせ】飛騨地域にある子連れランチの情報をまとめました!是非ご覧ください♪

仕事とプライベートの両立どうしてる?ホテルで働く子育て中のスタッフに聞いてみた!


観光地でもある飛騨地域では、サービス業に従事される方が大勢います。閑散期・繁忙期など仕事に波がある中で、皆さんどのように仕事とプライベートを両立しているのでしょうか?

そこで、サービス業に従事する子育て世代にインタビューを実施!

登場してくださるのは、リゾートトラストが運営する会員制ホテル「グランドエクシブ浜名湖」でお勤めのホテリエ4名です。(同じくリゾートトラストが運営する会員制ホテル「サンクチュアリコート高山」が高山市にオープン予定です。)

子育てに奮闘しつつも、一流のホテリエとして最高のおもてなしを提供するためにどのような工夫をしているのかを伺いました!


大好きな仕事を続けることで「ママかっこいいね」と言ってもらえた


夏目さん:2017年新卒入社。ゴルフフロント、オペレーター、予約事務局を経験し、クオリティ部門に所属。1児の母。8時〜17時の固定勤務。

現在1児の母です。産前産後休暇、育休を約3カ月間取得したあとに復帰したのですが、休暇をいただく時に「おめでとう!」と送り出していただけてうれしかったです。復帰した時も「もっと休んでも大丈夫だよ」と言われたくらいです。

子育てへの理解が深くとても働きやすく、そのおかげで子育てにも仕事にも、全力で打ち込むことができています。

福利厚生を利用しながら、子育ても仕事も全力で。

これまでは早番・中番・遅番と、毎日違うシフトで勤務していましたが、復帰してからは勤務時間を8時〜17時の固定の勤務にしていただき、子育ての生活リズムに合わせて働いています。勤務時間が限られるからこそ、一つひとつの業務の優先順位を考え、限られた時間の中でどのように仕事を行うかを考えるようになりました。

また、会社の福利厚生の中からさまざまな制度を利用しています。1時間単位で取れる時間有給を使ったり、子どもが病気になった際には、看護休暇を使ったりもします。

スタッフ同士の支え合いに助けられ、ママとしても輝ける

保育園から急にお迎え要請の連絡が来たときも対応できるよう、日頃から同僚とお互いの業務を把握して連携するなど、周囲の存在に助けられています。また、一緒に勤務する上司や先輩も、退勤時間になれば必ず声を掛けてくれて「手伝うよ」と業務を分担してくれるので、ありがたいです。

大好きな仕事を続けることにより、家族から「仕事しているママ、かっこいいね」と言ってもらえることが、大きな働きがいになっています。

子育ての大変さや、仕事を残して帰る側の気持ちを知ることができました

伊藤さん:2007年新卒入社。一度退職し、他業種を経験した後、2014年にリゾートトラストへ再就職。現在は予約事務局・ロビー・フロントに所属。フルタイムで勤務。

第一子が生まれた際、4日間のはぐくみ休暇(※)と公休を合わせて、1週間ほどお休みをいただきました。正直、「男性だから育休は取りづらいかも」、「本当に育休を取って良いのかな」と思ったのですが、特に女性の同僚や先輩から「育休は絶対に取った方が良いよ」と背中を押していただけて、ありがたかったです。

育休を経て子育ての大変さが身に染み、仕事を残して帰らねばならない人の気持ちも知りました。やむを得ず仕事を渡す側は、気まずさや申し訳なさを感じます。だからこそ、引き継ぐ側も理解を持って、なるべく気持ち良く仕事を渡してもらえるように気を配りたいですね。

(※)子どもが1歳半になるまでの間に7日以内の育児休業を申し出た場合、その育児休業期間について有給となるリゾートトラスト独自の育休制度。勤続1年以上等の要件を満たしたスタッフが対象となる。

スタッフ同士、理解しあいながら休日を取得しています

土曜日や日曜日は繁忙日にあたりますが、家族そろって出掛けられるように、月1回は日曜日に休みを取得しています。スタッフ同士理解があり、休みを取りやすい関係が築けていると思います。

また、会員制ホテルであるリゾートトラストだからこそですが、子どもが生まれた時には、お客さまがお声を掛けてくださったりと、すてきな関係が築けています。お客さまの存在を大切にし、今後も引き続き頑張っていきたいです。

子育てをしながら、ホテリエを続けています

池田さん:2007年新卒入社。料飲部門所属。2018年に出産し、約1年間の育休を取得。復帰後は9時〜15時までの時短勤務。

現在1児の母です。ホテリエとして働いていると、妊娠・出産を機に転職を考える方も多いと思います。私が出産した当時は、産後に復帰される方がまだ少なかったので、「育休を取りづらい」という感覚はありましたが、自分が育休を取得することで、育休を取得しやすい職場をつくるきっかけにできれば良いという思いもあり、取得を決めました。

いざ決まった後は、業務の引き継ぎや手続きについて、産休・育休・復帰経験がある上司が快く相談に乗ってくださいました。リゾートトラストは子育てしながら仕事を続けやすい環境だと思います。

育休・産休・時短勤務経験が、周囲への思いやりに

私は今、9時〜15時の固定のシフトで働いているので、残った仕事をその後に働くスタッフに引き継ぐ際には、申し訳なく思うことも…。だからこそ他のスタッフの仕事でも、自分の勤務時間中にできることは全て手伝いたいと思うようになりましたし、皆で助け合いながら、時間に対する意識を持つようにしています。

また、勤務時間が変わり、夕食にいらっしゃるお客さまとお会いできくなったことは寂しいですが、偶然ホテルでお会いして「久しぶり!元気だった?」と声を掛けていただけるとうれしくなりますね。そういった会員制ホテルならではのお客さまとの関係性を大切にしていきたいです。

保育園に合わせた休みを取るようにしています

平日はどうしても仕事に集中してしまいがちなのでその分、休みの日は常に子どもと一緒にいます。子どもの保育園の休みに合わせて、私も休みを取るようにしています。

夫も同じ職場で働いているのですが、夫の部署の方も「休みをとって家族との時間をつくらないとだめだよ!」と言ってくださり、土・日に休みを合わせられることもあります。

リゾートトラストの 福利厚生の充実や、制度がしっかり利用できる周りの環境に助けてもらっています。

時間をうまく使いながら、仕事を続けています。

山田さん:2013年10月中途入社。キャディとして勤務。2児の母。2018年・2022年に出産し、産前産後休暇と育休をそれぞれ約1年間ずつ取得。復帰後は時短勤務。

2人の子どもの子育てと仕事の両立は、時間の使い方がポイントだと思います。例えば今は、朝のうちに夜ご飯の準備まで済ませてから出社しています。朝は自分の準備と子どもの登園準備など、やることが多く忙しいので、子どもにも「早く!」と急かしてしまって、仕事に来てから思い出し後悔…という日もありました。ちょっとした時短術や段取りをして生活できていると、仕事でも余裕をもって働ける気がします。

また、キャディは業務の内容を考えると妊娠後に仕事を続けることは難しい場合が多く、妊娠をきっかけに退職する方も少なくありません。産前産後休暇と育休をそれぞれ約1年間ずつ取得し、現在は時短勤務をしながら仕事を続けてこられたのは、リゾートトラストの育休制度や福利厚生が整っていることと、周囲のフォローのおかげだと感じています。

お客さまとの温かい関係を大切にし、子どもにも誇れる仕事をしていきたいです。

仕事と育児の両立は大変ですが、そんな日々の中で、「絶対頑張ろう」と思った出来事があります。

育休中に、同じ職場で働く夫が家に帰ってきて「お客さまが<山田さんはいつ戻ってくるの?>とおっしゃっていたよ」と私と子どもに伝えてくれたことがありました。その時、子どもが「ママはそんな風に言われているんだ!すごいね」ととても喜んでくれて。それ以来、夫が帰るたびに「パパ、今日もママのこと言われた?」ときくその姿がうれしくて。

スタッフを大切にしてくださるお客さまが多い会員制ホテルならではの温かさだな、と実感しています。出産前、スタッフだけでなく、お客さまからも温かい激励の言葉をたくさんいただき、出産にも不安なく挑むことができたのも良い思い出です。

サンクチュアリコート高山 求人詳細はこちら


今回のインタビューに登場した4名が勤務するホテル「グランドエクシブ浜名湖」を運営するリゾートトラストが新たに開業する「サンクチュアリコート高山 アートギャラリーリゾート」では、スタッフを募集中。パートや一般社員、職種も幅広く採用されるとのこと!気軽に参加できる説明会も開催されます。

【採用に関する説明会が高山市で開催されます
事前予約なしでの参加も可能で、お友達と一緒に少し話を聞いてみるだけでもOKとのこと!ご興味のある方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

正社員・パート・アルバイト説明選考会

■2023年日程
11月15日(水)※②午後のみ
11月16日(木)
11月17日(金)
11月26日(日)

12月6日(水)※②午後のみ
12月7日(木)
12月8日(金)
12月17日(日)

■時間
①午前の部:10:30~13:00(受付10:00)
②午後の部:15:00~17:00 (受付14:30)
 
■会場:飛騨地域地場産業振興センター(高山市天満町5丁目1

■持ち物:筆記用具・選考希望の方は履歴書
※開場30分前から受付開始。
※各日程での個別対応 ( 個別ブースでの選考会のみ参加 ) も可能です。
詳細につきましてはお電話でご相談ください。  
■説明会問い合わせ先: 052-310-3322(担当:サンクチュアリコート高山採用担当)

■説明会申し込みはこちら!https://job.axol.jp/jn/c/resorttrust/entry_0107040613/

■サンクチュアリコート高山の採用ページ
https://www.resorttrust.co.jp/recruiting_site/sanctuarycourt_takayama/

■正社員応募ページ
https://job.axol.jp/jn/c/resorttrust/entry_3313430517/

■パート・アルバイト応募ページ
https://job.axol.jp/jn/c/resorttrust/entry_3413240517/

Hida mommy公式LINEを登録して、飛騨の育児情報をGET!

Hida mommyの姉妹サイト「アノイナ、ニュース。」がプレオープン!