アロマ(精油)は良い香りなだけではなく

いろいろな作用を持っています。

 

これまでのコラムの中でも

そのたくさんの作用をご紹介してきました。

 

そして、

精油の香りを嗅いでどう感じるかで

現在の心とからだの状態を知ることもできます。

 

今回は、

古代ギリシャ「医学の父」と言われる

ヒポクラテス(紀元前5〜4世紀)の体質診断、

精油の電子座標(芳香成分)をもとに

ざっくりとわかりやすく読み解いていきます。

 


まず、嗅いでみよう!


 

①オレンジ・スイート

②ホーウッド(ローズウッド、クロモジも可)

③レモングラス

④カモミール・ローマン

 

①〜④の香りを嗅いだときに

特にコレが好きとか嫌いとかがない場合、

心身の状態はおだやかに整っていて

体質にも大きな偏りがないことが多いですが、

香りの好き嫌いがある場合は、もともと

持っている体質だったりしますが、

好き嫌いが極端な場合は、心身の

バランスが崩れているかもしれません。

 

 


香りの成分から見た心とからだの傾向


 

↑オレンジ・スイート

 

オレンジ・スイートやレモン、ジュニパー、

フランキンセンスなどの「モノテルペン炭化水素類」

ユーカリ、ローレルなどの「酸化物類」を多く含む精油

 

▷良い香りに感じるとき

順応性がある、平和主義、癒し系、聞き上手、

鼻炎・アレルギー持ち、浮腫み・血行不良が気になる、

風邪気味、のどや鼻の調子が悪い、からだがだるいときなど

 

▶︎苦手な香りに感じるとき

怒り、支配的、自己顕示欲が強い、

熱や赤みを持つような炎症があるorあったときなど

 


 

↑ホーウッド

 

パルマローザ、ホーウッド、ゼラニウム

ティートゥリー、スイートマジョラムなど

「モノテルペンアルコール類」や、クローブ

オレガノなどの「フェノール類」を多く含む精油

 

▷良い香りに感じるとき

直感的、感受性が豊か、真面目で丁寧、

クリエイティブ、頭脳明晰、勉強や読書がはかどる

憂鬱な気分、孤独を感じる、

常に考えごとをしているときなど

 

▶︎苦手な香りに感じるとき

移り気、飽きっぽい、寂しがり、

食べすぎや飲みすぎ、不平不満が多いときなど

 


 

↑レモングラス

 

レモングラス、ユーカリ・レモン

メイチャンなどの「テルペン系アルデヒド類」

ローズマリー・カンファー,ベルベノン

などの「ケトン類」を多く含む精油

 

▷良い香りに感じるとき

リーダー資質がある、頼られる、芯が強い

からだを動かすことが好き・得意

筋肉痛がある、興奮しているときなど

 

▶︎苦手な香りに感じるとき

無気力、優柔不断、流されやすい、

肥満(浮腫、代謝が悪い)、

免疫系の疾患があるときなど

 


 

↑カモミール・ローマン

 

ラベンダー・アングスティフォリア、

プチグレン、カモミール・ローマン

などの「エステル類」を多く含む精油

 

▷良い香りに感じるとき

明るくポジティブ、フットワークが軽い、

女子力が高い、社交的、人気者

ストレスや肩こりがあるときなど

 

▶︎苦手な香りに感じるとき

心配しすぎる、鬱っぽい、ふさぎこみがち、

神経過敏、孤独を好むときなど

 


 

いかがでしたか?

基本の体質はありますが、

季節や自分の置かれている環境等によって

心とからだの状態も同じように変化します。

 

意外と自分自身のことは

わからないことが多いのが実状です。

まずは「知ること」から。

 

香りを嗅ぐことで

今現在の自分自身の状態を知り、

健やかな暮らしにつなげていきましょう。

 

今回は、香りからざっくりと

心とからだの状態を読み解きました。

 

次回は、好きな香り・嫌いな香りから分かる

効果的なセルフケアをご紹介していきます。

 

お楽しみに!

 


 

香りで心とからだを整える

オリジナルブレンドアロマの

ネットショップをオープンしました。

 

今回のコラムの

香りで読み解きができる

ブレンドアロマキットも🌿

 

ぜひ、チェックしてみてくださいね^^

ネットショップはこちらから↓

https://minoaroma.thebase.in