子育てに関するコラム

息子の相談

夕飯を済ませて後片付けを始め出した頃、

まだあと少し残っているご飯を食べていた小1の息子が

「相談がある」 と呟きました。

 

いつも忙しい夕刻に珍しく心に余裕があった私。

「うん、聞くよ」と言うと、

「朝の会で歌う曲が変わって、僕はその曲を覚えられたから歌いたいんだけど、
誰も歌わないから歌えないんだ。」

という内容を小1の彼なりの言葉で話してくれました。

 

なんとも可愛らしい悩みにホッコリしながら、

歌いたいのが本当の気持ち。
でも一人で歌うのは恥ずかしいんだね。

彼の気持ちを言葉にしてみました。

わかるよ!

 

だけど、私はどっちでもいいなと思いました。

投げやりな意味ではなく、どちらを選択しても学ぶことがあると感じたんです。

 

「うーん、難しいねぇ。どうしようねぇ。」

そうやって、私がのらりくらりしていると、

「歌ってみようかな」 息子がポツリ。

 

「いいね!もしそれを〇〇ちゃん(息子)が出来たら私は嬉しくなっちゃうな♪」

息子は嬉しそうに「やっぱり歌ってみる!」ともう一度言いました。

 

さてさて、明日はどうなるかな?

母の願いとしては、他にもそう思ってた子がいて一緒に歌ってくれるといいな。

でも一人で歌って恥ずかしい思いをしても、
直前でやっぱり怖くなって歌わない選択に変えたとしても大丈夫。

 

自分で考えてみて選択したこと。そこにすごく意味があるんだよ^^

 

少し違ったタイミングの私なら、どちらかを選択してあげて
「こうしなよ!」とドヤ顔で言ったのかもしれません。

子育てではつい感情的になって失敗ばかりの私だけど、
たまには自分が思い描いたやり方も出来たことが嬉しくて。

(これが世の中の正解なのかはわかりませんが、今現在の私の中では◎でした)

ちょっぴり成長した息子と自分を噛み締めながら、このコラムを書いている梅雨の夜です。

特設ページバナー
トップへ戻る

Copyright(©) 2018 HIDAMOMMY . All Right Reserved