聞くつもりはなかったが、隣の席のママの会話が聞こえてくる。

「あそこの店員さん、お客さんに“ブス”って言われて一日寝込んだらしい」と。

「へーーー!ひどい!そんなこという男、サイテー!」

「それがさ、若い子だったらわかるけど、70歳くらいのじいさんに言われたらしいのよ」

「え!別にルックス気にする年齢でもないよね・・・?」

と、こんな感じで会話が繰り広げられていた。

女性の会話は子育てしようがしまいが内容はさほど独身女性と変わらない。

(変わってしまうのは、垂れていなかったところが垂れボディーラインが「ボン・キュ・ボン」から「キュ・ポヨン・タラ~」に変化するくらいである。)

子育てしながらも子供のネタなどは3割くらいであとの7割はこんな感じの会話なのかもなぁ~と客観的に聞いていてフっと気づいたのである。

私自身もママ友達との会話でどんなことで盛り上がっているのかわからないが、案外自分ではまじめに訴えている話も傍からみたら滑稽にしかうつっていないかもなぁなんて考えた。

最近で言うとママ友達と何を話したか思い返してみる。

① 「旦那に某女芸人(オカ〇リナ)に似ているって言われたんやけど、あたし似とるかな?」

② 「旦那に髪切って似合うか聞いたら、和田あ〇こさんに似とるって言われたんやけど」

③ 「この前子供たちにご飯作ったら、これ美味しくない。ママご飯買いに行こうって泣かれたんやけどあたし母として落ち込んだわ」

私がママ友に話す話、ほかの人に聞かれたくないなぁとしみじみ思った。