ママ友に関するコラム

周りと比べないような考え方って?

Q:周りのママとどうしても比べてしまいます。自分自身もそうですし、人の子と自分の子の違いなども比べている自分がいます。他人の目ばかり気になっています。

他人の目が気になる。まずはそんな自分にOK出しましょう。

だって気になるよね!ってね。比べちゃったりするよね!って。

アドラー心理学では「よい・悪い」「正しい・正しくない」という判断ではなく「便利か・不便か」「役に立つか・役に立たないか」と考えていきます。

そうすると、今回ご相談者さまは「どうしても比べたり、他人の目ばかり気になる」ことが、不便と感じられているからご相談くださったのかな、と考えます。もし不便なら、ちょっとずつ便利な方法に変えていきましょう。

アドラー心理学では、私たちは「自己決定性」というものがあると考えます。自分の人生は自分で選択していく。今までもこれからも。私たちは絶えず大きな選択や小さな選択をしながら人生を歩んでいます。他人の目を気にして得るものと、気にしないで得るもの。どちらがご自身にとって便利なのか。

ぜひ便利だと思う方を選択してみてください。

感情に蓋をする必要はありませんが、感情の言うとおりに行動する必要もありません。感情は私たちの人生を彩ってくれる大切なものでもあり、大きなパワーですが、私たちは感情の奴隷ではないのです。感情は大切なパートナー。そこを味方につけながらご自身の進みたい道を「自己決定」してみてください。

「あの子、うちの子と違って、ちゃんとご挨拶できてすごいな・・・」と思ったとします。
「気になるよねー。比べちゃうよね。心配にもなるよね!」とご自身の感情を味わってから(←ここ大事!!)
「で、これからどうしようかな。どうするのが私と子供にとって便利な方法かな?」
と考えてみてください。

例えば「ご挨拶、一緒に練習してみようかな」

「そのうちできるだろうし、見守ってみようかな」

「あのママに聞いてみようかな」

「そもそも、今ここに注目することは私たち親子に必要なことなのかな?」などなど。

お子さんとママにとっての、便利で役に立つアイデアがきっと出てくると思います。

感情はご自身が大切にしたいことを教えてくれています。教えてくれたことをどうするかは、私たちの手が握っています。便利で役に立つやり方、ぜひ見つけてみてくださいね。

『アドラー心理学・ナカニワ』のページは→ こちら
特設ページバナー
トップへ戻る

Copyright(©) 2018 HIDAMOMMY . All Right Reserved