予報では、2019年は7月下旬頃まで

梅雨でジメジメ蒸し暑い日が続きそうですが、

暦の上では、本格的な夏!

 

この時期は、

花が咲くように「ほがらかに」「陽気に」、

アクティブに動いて、夏を楽しみましょう!

 

雨が続き、湿気が多いときは

大したことでなくても思い悩みがちなので

考えすぎず「ま、いっか」と楽な

気持ちで過ごすのがgoodです◎

【小暑:7/7~7/22頃】

蝉が鳴きはじめ、本格的に暑くなる頃。

 

【大暑:7/23~8/7頃】

1年のうちで最も暑さが厳しく感じられる頃。

 

また、「夏の土用」は7/20〜8/7です。

 

この時期は、「脾」=「消化吸収、運化」の

はたらきに影響が出やすいので、

冷たく冷やした食べ物や飲み物は避け

旬の野菜やフルーツ、

消化の良いものや、精のつくものを

選んで食べるとベスト!

 

また、「う」のつく、

うなぎ、うり、うめ、うどんなど。

特に、心臓の形に似ている「トマト」は

夏の食養生にぴったり!

瓜(きゅうり、すいか、メロンなど)やナスもおすすめです。

夏野菜の多くはカリウムと水分を豊富に含み、

利尿作用にも優れ、夏のからだの熱やほてりを冷まし

夏の健康維持に欠かせない旬の食べ物です。

 

意識して食べていきましょう♪

7月のおすすめは、こちらの3つ!

●イランイラン〈心・腎〉

南国を思わせてくれる、特徴のある甘い香り。

鎮静と強壮のふたつの作用をあわせ持ち、

使う人にとって、ベストなバランスに心身を調整してくれます。

 

皮脂分泌の調整もしてくれるので、スキンケアやヘアケアにも◎

暑い時期になると、この香りが好きになる方も多いです。

●ローレル〈心・脾〉

ラベンダーに次ぐ、万能精油。

古代ローマで、月桂樹の葉は勇者の証であったように、

心に自信を持たせてくれたり、集中力をUPさせてくれます。

 

「気・血・水」の流れを循環させたり、

抗菌、抗ウイルス、抗感染症などの作用もあり

呼吸器の不調にもはたらいてくれるので、

秋まで、手元に置いておきたい精油のひとつです。

●パチュリ〈脾〉

東南アジアに自生するパチュリ。

墨汁のような土のような香りは、

気持ちを安定させ、落ち着けてくれます。

 

また、体に滞った「湿」を排泄してくれるので

からだの浮腫みが気になるときや、重だるいときにも◎。

 

ベースノートで香りの持続性が高く、

他の香りの保留剤としても使えます。

その他に、ベルガモットやローズマリー、

マジョラム、レモングラスもおすすめです。

 

自分に合うかどうかは、実際に嗅いでみて

心地よい香りかどうかで選ぶとよいですよ♪

 

前回の体質別おすすめアロマ↓

https://hidamommy.com/archives/3722/

に、季節の精油をプラスして使うことで、

香りで養生ができます🌿

ぜひ、お試しください♪

 

とはいえ、普段いろんな精油の

香りを嗅ぐということは難しいかもしれません。

 

なので今後、フラッと気軽に立ち寄れて

精油の香りを嗅ぎわけたり、

アロマブレンドを楽しめる場を作っていく予定です!

 

準備が整い次第、ホームページ等でお知らせしていきますね♪

関連記事

イベント・募集 暮らし・住まい ライフスタイル New! 2019年11月20日 10 ビュー 著者:
【11/23(土) 11/24(日)】新和建設!住宅見学会へGO!

  場所は高山市桐生町4丁目212番地!   ネットからご予約されるとQOUカード1,000…

暮らし・住まい 子供・家族 ライフスタイル 2019年06月10日 461 ビュー 著者:
キタニが行く!保険について相談してみた・その①

気になる保険について調べてみた! 「少しでも保険料を安くしたい!!」「古い保険を見直したい!…

ライフスタイル 2019年05月17日 355 ビュー 著者:
mino*香り暦 / 気になる「アロマ」のこと。プロに教えてもらっちゃおう!

アロマ調香デザイナーとして飛騨地方で活躍中の【mino*】みのえりさんの連載「香り暦」が始ま…