砂糖には多くの種類があり、それぞれに特徴や含まれる成分が異なります。

大きく分けると原材料が『サトウキビ』と『てんさい大根』の2種類あり、製造方法により『精製糖(分蜜糖)』と『含蜜糖』の2種類に分類されます。

 


『精製糖(分蜜糖)』と『含蜜糖』の違いとは?


精製糖とは糖液と分離させた結晶の中から、甘味成分の「ショ糖」だけを精製したもので、普段の料理やお菓子作りにも1番使われている「上白糖」・「グラニュー糖」・「ザラメ」などの白い砂糖が精製糖に分類されます。

クセが無くハッキリとした甘みで、あらゆる料理・お菓子作りでも使い易くてスーパーでも低価格で購入する事ができます。

おそらく、日本では最もポピュラーな存在の砂糖だろうと思います。

一方、含蜜糖はミネラルを含んだ糖液と結晶を分離せず、原材料の搾り汁や糖液を煮詰めて作られる砂糖を指し、「黒砂糖」や「きび砂糖」、「てんさい糖」などの茶色の砂糖が含蜜糖に分類されます。(但し、三温糖は茶色ですが、精製糖に分類されます)

完全に精製されていない含蜜糖は、ミネラルやビタミンなどの健康によい栄養素がしっかり残っている利点があり、含蜜糖のGI値は精製糖と比べると低いため、血糖値の上昇も緩やかになるそうです。(食後血糖値の上昇度を示す値「GI値(グリセミック指数)」は値が低いほど血糖値が上昇するスピードが緩やかになります。)

健康のためには砂糖の摂り過ぎには注意したいところですが、ミネラルなどの栄養が含まれているのは嬉しいですね。

 


オススメは?


そして、この含蜜糖の中でも私が1番お勧めしたいのが『てんさい糖』です。

「てんさい糖」は北海道で生産される「甜菜」という野菜を原料にしています。
甜菜は砂糖大根やビートと呼ばれることもあり、形は大根やカブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間なんです。

白い根の部分を砕いて糖分を抽出し、煮詰めてから遠心分離機にかけて糖液と結晶に分けます。
糖液を乾燥させて固めた塊を砕いてふるいにかけて細かくして粒をそろえれば、てんさい糖のできあがりです。

3種類(黒糖・きび砂糖・てんさい糖)の中で一番クセがなく優しい甘さを特徴とします。
また砂糖の中では最もGI値が低く、血糖値の上がり方が緩やかで、インスリンの分泌量を抑えることができます。

腸内の善玉菌を活性化させる天然のオリゴ糖も含まれているので、腸内環境を整える働きも期待できます。

日本ではサトウキビを原料にした砂糖のほうがよく知られていますが、フランスやドイツといったヨーロッパ各国で使用されている砂糖はてんさい糖が主流なのです。

そして、寒い北海道で育った甜菜を原料にしているので、沖縄などの暖かい地域で育てられたサトウキビを原料とする砂糖と比べると、てんさい糖には体を温める効果もあるとされています。(黒糖だけは温性なので体を温めます)

ですから雪国の飛騨にはてんさい糖が体に合ってると言う事になりますね。

 


とはいえ、お砂糖の取りすぎは気になる・・・


私も普段の料理はもちろんのこと、教室等で作っているスイーツにはてんさい糖を使用しております。
ただ、体に優しいてんさい糖とは言えども砂糖には変わりありません。

砂糖を大量に摂取する事は、体には良くないし気になりますよね・・・
(散々てんさい糖をオススメしといてごめんなさい!)

 

そんな方の為に私のお菓子教室では砂糖を一切使わないスイーツのメニューも用意しております。
砂糖を使わないので、小さな赤ちゃんからおじぃちゃんおばぁちゃんまでみーんなが一緒に食べられるスイーツです。しかも簡単で体に良い素材しか使いません✨

 


ヴィーガンスイーツレッスン
砂糖を使わない【豆乳ヨーグルトムース】


飲む点滴とも言われるくらい栄養価の高い甘酒と国産の本葛粉を使って体に良いスイーツを作ります。
砂糖を使わないので身体を冷やす事もありません


お米と糀から出来た甘酒なのでノンアルコールで安心です◎

今回はオーガニックバナナも使って濃厚かつまったりとした甘さもプラスします。

なお、安全面を考慮して作ったスイーツは持ち帰って頂きます。

 


【場所】講師自宅(旧高山市内)

【日時】6月22日(月) または 6月27日(土)
※ご都合の良い日を選んでください

【時間】13:00〜15:30

【費用】3500円

【定員】4組

【持ち物】マスク・エプロン・筆記用具


参加をご希望の方はInstagramのDMLINE(ID @658xbzub)等で以下の内容をお知らせください。

①お名前(フルネーム)
②お子様連れの場合は月齢も
④連絡先

※天気が良い場合、庭にプールを設置します。お子様をプールで遊ばせたい方は着替え等を持ってきてください。