日本人の食文化に欠かせない醤油・味噌・みりん・お酢…それらは全て糀から出来ているのは皆さんもご存知だと思います。


【糀はどうやって出来るの?】


糀は、原料となる米を蒸したものに「麹菌」を付着させ、繁殖しやすい温度、湿度などの条件下で培養したカビなのです。
えっ⁉︎カビなの!って思うかもしれませんが、とーっても体に良いカビなので安心してください。


【糀のしくみって?】


糀とは沢山の酵素が含まれていて、デンプンを糖に変えて甘みを出すアミラーゼ。
たんぱく質をアミノ酸に分解して、旨味を出すプリティアーゼ。
脂肪を脂肪酸グルセリンに分解させるリパーゼなどの働きがあり、
これらは消化を助けるので、整腸作用を高めるデトックス効果が。
また腸内細菌の働きを活発にして、免疫力を向上
メラニンの生成を抑えるコウジ酸による美白効果…などなど
私たちの身体にとって良いこと尽くめ‼︎

 

我が家の娘は相変わらず野菜が嫌い…
でも、毎日糀のお味噌汁を食べているので元気いっぱい‼︎
一度も風邪をひいた事がありません。

 

そして、糀から出来てる身近なスイーツと言えば甘酒ですよね。
飲む点滴なんても言われてます。

 

糀のみで充分甘いので

砂糖の代用

としても使えるんです。
ノンアルコールなので、小さいお子さんや妊婦さん、授乳中のお母さんも安心ですね。
私の教室でも甘酒を使ったメニューが数種類あり、とっても大活躍してます!

 

最近では市内のスーパーでも糀を使った甘酒が売ってあったりして手軽に取り入れられるので、ぜひとも飲んでみてください。

 


…次回のコラムは


糀の甘酒を使ったナチュラルおやつのレシピをご紹介します。
お楽しみに〜!